本日の卓話 第1201回 1月21日(水)

DSC01203

劇団ゼーロン会 上村清彦 様  紹介者 西本会員

DSC01203

熊本で劇団をやっております上村と申し ます。今回で2回目の卓話のゲストで読 んで頂きありがとう御座います。ちょくち ょく熊本で舞台をやらせて頂いておりま すが、やらせていただくのに毎回約600 万円かかります。しかし売上は400万円で赤字になりましたが、 続ける事に意味があると思いますのでこれからもやらせて頂く次 第です。次の舞台は『ゴドーを待ちながら』という舞台を今回やら せて頂きます。ゴドーのことを世界中でこのゴドーとはGOD(神)ではないかと言われています。  本日は次回の舞台の宣伝を捺せて頂 ければと思いこさせて頂きました。この 舞台の内容は、人間ひとりで待つことと、 2人で待つこと、こと、または仲が良い 中で待つことなど、そのケースによって 人間の心理を色々と非常に考えさせら れる作品です。私たちは、『分かる事』とはどのような心理で分 かると言うのでしょうか?人間の真実は難しいものです。日本 でも震災や原発事故など色々ありましたが、その時、私はどの ような舞台をしたらよいか?など非常 に考え、その結果この舞台をやろうと 思いました。この舞台の主人公は奴隷 で名前が皮肉にもラッキーと言う名前 です。色々な世の中には座標軸(仕事 や時間)の交点にいらっしゃいますが、 この座標軸がなくなった場合世の中 はどのように変わるのか?というような 内容になって入ります。このように言えば、固く感じられますが 中身はハチャメチャで面白く作りました。下ネタの多くなって おります(笑)色々金銭的なもので大変な事もありますが、や はり自分で創る物には妥協したくないと思い制作をしており ます。  最後に一言だげ演劇をさせていただきます!『気をつかな さい!知らん人には!』  本日は有難う御座いました。DSC01200

 

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る