本日の卓話 渡辺会員

DSC00244

5月28日の卓話です。

地区研修・協議会(4月6日) 会員増強拡大委員会 の報告

代理で出席いたしましたが、大変ためになりました。どこのクラブも我が平成と同じよな 悩みを持っていることを実感いたしました。

RI2750地区より講師の方がこられて、退会理由や会員数の増減を説明されました。「つまらない」「つまらなくなった」「人間関係を築けない」「嫌になった」「歓迎されてない」重要だと思われてない」「クラブ指導者と意見が合わない」「下働きさせられる」「今更なんで」「馬鹿にするな」「年齢」「転勤」「退職」「病気」「経済的理由」などが大会の原因として挙げられました。退会される方の気持ちがよくわかります。

また、増減については、年度末から年度初めにかけて入会が増えて増員するが、3ヶ月くらいで辞めていく人が多くなる傾向があるそうです。そこで2752地区では「火の用心活動」と称して、声掛け運動を実施しているそうです。

ロータリーの目的の第1項に「奉仕の機会を通じて知り合いを広めること」とあります。お互いの信頼の絆を固く結びながら、時代のニーズに応じて国際社会や、地域社会への奉仕活動を行っていく仲間づくりそのものがロータリーなのではないでしょうか?

会員みんなが、お互いのことを気遣いながら、励ましながら、強調して、楽しく、精力的に活動していくならば、退会者は減り、新会員も増えることでしょう。

今この時、自分と我が平成を省みて、次年度に向け新たな気持ちで頑張ってみましょう。 最後に、熊本城東クラブの永田壮一会員が監修しました「Welcome to Rotary」をコピーしましたので、新会員のみならず全会員の方々、是非ご一読願います。素晴らしいクラブ奉仕の一つと考えます。ご清聴ありがとうございました。

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る