ガバナーアドレス

高山ガバナー

2018~19年度 国際ロータリー第2720地区

髙山泰四郎 ガバナー(大分1985RC)

国際協議会報告

日程 2018年1月14日~1月20日
場所  米国カリフォルニア州サンディエゴ
会場  マンチェスター・グランドハイアット・サンディエゴホテル
参加者 世界の539名のガバナーエレクト並びに配偶者
日本からは34名のガバナーエレクト並びに配偶者

2018-19年度RI会長 バリー・ラシン氏(バハマ・イーストナッソーRC)

2018-19年度会長テーマ
『インスピレーションになろう』
“BE THE INSPIRATION”
「何か大きなことに挑戦しようというインスピレーションを、クラブやロータリアンに与えて下さい。自分よりも長く、後世にも生き続けるものを生み出すために、行動を起こす意欲を引き出して頂きたい」

◎ラシン会長が伝えたい事は…

私共ロータリアンに

1モチベーションを高めるリーダーになろう
2「心に火をつける人」になって欲しい
3インスピレーションを与える存在であれ
と言うことです。

 

【2018-19年度 地区スローガン】
~ ロータリーは心の太陽 ~
『ロータリーを信奉(しんぽう)し奉仕に行動しよう』

“Believe in Rotary & Take Action”

「信奉(しんぽう)する」について

・「信奉」という表現は余り使われませんが1976~77年度 RI 会長であったロバート・A・マンチェスター氏(米国)のRI 会長テーマは、「ロータリーを私は信奉する」“I Believe in Rotary”でありました。
・「ロータリーの素晴らしさ、魅力を心から信じて…」という風にご理解下さい。

「ロータリーは心の太陽」
私達ロータリアンは、信じ合える良き仲間との出会いを契機として、自らを磨き、奉仕の心を養いながら、ロータリーの素晴らしさを味わっています。ロータリーは、正に私達の「心の太陽」です。ロータリアンの心の内を明るく照らし、私達を豊かな人生へと導いてくれる存在です。

《 ロータリーの中核的価値観》
皆様良くご存知のように、ロータリアン共通の価値観を簡潔に示したものが「ロータリーの中核的価値 観」です。 5つの中核的価値観は「ロータリーの目的(Object of Rotary)」に通じるものです。 中核的価値観への理解を深めることにより、ロータリーの使命やロータリーの素晴らしさを感じ取り、 ロータリアン1人ひとりがインスピレーションを起こ し、奉仕の実践へ向けて行動して下さい。

 

■ロータリーの中核的価値観(Core Values)

1. 奉仕(Service)

2. 親睦(Fellowship)

3. 多様性(Diversity)

4. 高潔性(Integrity)

5. リーダーシップ(Leadership)

 

1. 奉仕(Service)
・奉仕は、ロータリーの使命の主たる要素です。ロータリアンは自己の利益だけで無く、他の人々のためになる良いことをする「利他の心」で行動します。

・また、ロータリーの奉仕活動は、更なる世界理解と平和をもたらすものであると、私達は信じています。

2. 親睦(Fellowship)
・親睦と奉仕は、ロータリーの「車の両輪」です。 ロータリーの親睦は、ただ楽しむことだけでは無く、お互いに切磋琢磨しながら「学び合う心」が大切です。
・親睦を通じた楽しい仲間づくりの中で「奉仕の心」を養う。それは長い間、例会出席を積み重ねてゆく内に、知らず知らずの間に達成され、自分のものとなって行きます。例会出席が大事です。

3. 多様性(Diversity)
・ロータリーは、様々な考え方を結び合わせ、多角的なアプローチによって問題解決に取り組みます。会員組織に於いても、事業や専門職務の多様性を尊重します。
・また、奉仕の理念の下に、世界の国同士を結び付け、国や文化の違いを超えた相互理解を促進することによって、世界平和の構築に貢献します。

 

4. 高潔性(Integrity)
・ロータリアンは「利他の心」による奉仕の実践により、自らを律し、自らの品格を高めます。私達は「高潔性」を以って約束を守り抜きます。
・又、自らの職業に於いても、高い倫理基準を守り、各自の職業を高潔なものにします。

5. リーダーシップ(Leadership)
・ロータリーは、それぞれの分野に於けるリーダーから構成される集まりです。私達は、指導力を伸ばし、育成することの重要性を深く認識し、特に未来を担う若い世代のリーダーシップの育成を重視します。
・また、ロータリーに於ける「リーダーシップ」は思いやりや奉仕の心を基にし、目標に向かって進む仲間を励まし、支援する「対話型リーダーシップ」を目指しています。

◎改めて、中核的価値観への理解と認識を深めることによって、「ロータリーの使命」や「ロータリーの素晴らしさ」を感じ取り、「奉仕へのインスピレーション」を起こして、行動して下さい。

以上が、2018~19年度地区スローガン
~ロータリーは心の太陽~『ロータリーを信奉し、奉仕に行動しよう』の内容です。
ロータリーの素晴らしさを心から信じながらクラブやロータリアンに「奉仕のインスピレーション」を与え、行動を起こして下さい。

 

【今年度・地区重点取り組み事項】
(I)クラブの活性化
(II)青少年奉仕活動の更なる充実
(III)RIラシン会長の強調事項の推進

《地区重点取り組み事項》
(I)クラブの活性化:例会を大切にしよう!
ロータリーは会員制組織です。特に会員間の友情を大切にします。奉仕活動を通じて「より良い世界を築きたい」と願うなら、「会員を大切に」しなければなりません。その為には、各クラブを会員にとって魅力的で、価値あるクラブにする必要があります。

(具体的には…)
①クラブ戦略計画立案への着手・3年~5年先の我がクラブの姿について、中・長期的に「ありたい姿」を描きましょう。先ずはクラブの現状認識からスタートし、全員参加で話し合うことが大切です。
・11月の地区大会時の「地区指導者育成セミナー」で、皆様とご一緒に「クラブ戦略計画立案」について学びましょう。

②少人数クラブによるセミナーの開催
・当地区内クラブの約50%は、会員数30名未満のクラブです。同規模のクラブによる情報交換会を開催し、お互いの悩みや共通する課題などについて、意見交換し、クラブ活性化と会員増強につなげましょう。

・今年度は管理運営部門が担当致します。

③RLI(ロータリーリーダーシップ研究会)の実施
・RLIは、クラブのリーダーを育成するための、リーダーシップ開発プログラムです。1992年に設立され、今や全世界的な「共同プログラム」になっています。
・今年度は、RLI委員会を管理運営部門の中に置いています。

④職業奉仕の研修と実践
・日本を代表する企業の不祥事が続発する時代です。
・「ロータリーの金看板」職業奉仕の意義を、特に新会員に伝え、自らの職業に於ける実践を促す。
・「四つのテスト」の活用などにより、自らの職業を始め、所属する各業界の職業倫理向上に努めましょう。

⑤マイ・ロータリー登録率向上
・年々進行する「IT化」の基となる「マイ・ロータリー」への対応は、今後一段と求められて来ます。(今年3月の地区大会時での地区の登録率は 21.5%)
・RI会長は、「少なくとも60%の会員が、『マイ・ロータリー』から生年月日を入力すること」をロータリー賞の対象項目としています。
・前年比10%アップを目指して下さい。

⑥ロータリークラブ・セントラルへの入力促進
・自クラブの目標とその進捗状況を検索できます。
・クラブ・セントラルに入力していないと、RI会長賞を受けられません。
※⑤・⑥共通して、各クラブ内でITに精通した「リーダー」を選任し、クラブ内でのセミナー開催をお勧めします。全クラブで挑戦して下さい。

《地区重点取り組み事項》

(II)青少年奉仕活動の更なる充実
・世界の未来を担う青少年の成長育成をお手伝いすることは、ロータリーの大きな使命の一つです。
①青少年交換の実施
・短期交換:既に実施中
・長期交換:今年度は10数年振りに「派遣」と「受け入れ」が実施されます。
※長期交換(フランス・リヨン第1710地区と)

②インターアクト活動の見直しと支援
・ロータリアンの関わりを増やす
・インターアクトの魅力をPRする
・数クラブ合同で、新クラブ提唱を

《第7回全国インターアクト研究会》へのご参加を!

日時:2019年4月28日(日) 会場:福岡市・福岡国際会議場
※九州4地区で共催(主管は第2700地区)

③ローターアクト活動の見直しと支援

・メンバー増強への支援・ローターアクトの魅力をPRする
◎各ローターアクトクラブの会員数が減少しています。提唱ロータリークラブを始め、会員増強に力をお貸し下さい。
◎ローターアクト地区大会の際に、元RAメンバー(OB)に講演を依頼し、ローターアクトの魅力を改めて見直してみる機会とします。

④地区学友会の創設
・既に発足している「米山学友会」とロータリープログラム経験者による「ロータリー学友会」を統合した、新たな「地区学友会」を創設します。
・その為に、今年度より「地区学友会部門」を新設しました。
・今年度の地区大会(2018年11月16日(金)・17日(土)の両日)の第一日目に設立総会を開催する予定で、目下準備を進めています。
・学友会メンバーの方々は、将来ロータリアンになる事が期待されます。

⑤ロータリー平和フェロー事業へのアプローチ
・ロータリー平和フェロー事業の更なる周知
・ロータリー平和フェロー候補者の発掘

◎ポリオ撲滅達成後のRIの次なる目標は何かを考える時、ロータリー平和フェロー事業は、有力な目標になるのでは無いでしょうか。その時に備えるために、今から準備をすることが大事です。

 

《地区重点取り組み事項》

(III)ラシンRI会長の強調事項の推進

①クラブ組織の強化
・「クラブの活性化」と連動して、魅力的で価値あるクラブづくりに取り組む
②ポリオ撲滅の完遂
・撲滅まで「あと少し」ポリオ寄付目標:1人 $30

③環境の持続性を守る
・地球温暖化対策を始め、地域社会の環境保全に出来る事から取り組む。
・地区補助金を活用して計画する。

④「ロータリーデー」を開催しましょう
・ロータリーの活動を地域にPRし、ロータリーの公共イメージ向上を図るチャンスとして。
・クラブ、グループで計画して下さい。

◎その他本年度は、地区大会を2018年11月16日(金)・17日(土)に開催予定です。従って今年は一年に2回の地区大会となりますが、奮ってご参加の程、宜しくお願い致します。

 

【結び】RI会長テーマ「インスピレーションになろう」

・世界中で何か良いことをするための「インスピレーション」を、クラブや仲間のロータリアンに与えて下さい。
・最近、当地区各部門の奉仕活動は非常に充実し、活発になり、会員数も一段と増加しています。
・ここで原点に帰り、足元のクラブの活性化に目を向け、会 員皆様にとって価値ある、魅力的なクラブづくりに取り組む 事が大切です。
・地区内全ロータリアンのご参加の下、第2720地区を更に盛り上げて行きましょう。一年間どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

~ご静聴ありがとうございました~

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る