本日の卓話  堤 弘雄 様

卓話堤弘雄様

平成ロータリークラブ卓話(11月15日)
「もう一つの生き方」
自己紹介 堤 弘雄(つつみ ひろお)
・前熊本YMCA総主事
・元熊本ロータリー幹事
・一般社団法人 夢ネットはちどり代表理事
・法務省 人権擁護委員
・社会福祉法人 いのちの電話理事・研修員
・熊本ワイズメンズクラブ所属
とても内容の充実したHPを拝見しました。人類に奉仕する
ロータリーという崇高な目的を掲げて29年間の尊いご奉
仕をされてきた平成ロータリークラブに対して心より敬意を
表します。
ロータリークラブは日々交流と奉仕を続ける活動をしていま
すが、最後に歴史的な記録としての残ることは「自分たちが
得たことではなく、自分たちが与えたことだけ」ではないでし
ょうか?
熊本ロータリークラブでも東日本大震災の時に所属する各
社が被災者支援に様々な形で尽されました。この時の支援さ
れたロータリアンお一人おひとりにとって生涯心の深いとこ
ろに残る出来事であったことが後にわかりました。
ロータリクラブという組織だけでなく、一人の人間として支援
を必要とする他者のために尽くし与えた経験は人の心に深く
残るということを学びました。
もうひとつの生き方とは、自分の為だけに生きるのではなく
支援を必要とするだれかのために仕えることです。結局そ
のことが自分を豊かにしてくれるように思います。ラール・シ
ャンドリの言葉をご紹介します。このような卓話の機会をお
与えいただき誠にありがとうございました。
ラール・シャンドリの言葉
人生の終わりに残るのは
自分が得たものではではなく
自分が与えたことだけ
三浦綾子 続氷点より

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る