本日の卓話 第1298回 3月1日(水)

卓話1298回

卓話1298回

昨日2017~2018年度、PETS研修が、熊本
県民パレアで開催されました。

いよいよ永田年度スタートに先立ち、RI会長(イアン
H,S,ライズアリー氏)のテーマ:変化をもたらす:に、
対して、永田ガバナーの決められた、地区スローガンは
(ロータリーを奨励し、ロータリーを楽しもう)とテーマ
を、掲げられました。  (RI:国際ロータリー)

RI会長の言葉の意味をコロンにどういう助詞を置く
かによって、ニュアンスが、変化すると述べられました。

3、 ロータリーが変化をもたらす
世界の助けを求めている人々の、生活に変化をも
たらします。
2、ロータリーに変化をもたらす
多くの地域が平和に成ることによって、ロータリー
に変化をもたらします。
3、ロータリーと変化をもたらす
ロータリーと、共に歩むことによって、私たちロー
タリアンの生活も変化していきます。
と三項目を述べられました、言葉の意味を、助詞によっ
て捕らえたら、様々な、意味につながると思い、耳を傾
けて来ました。

次に、公共イメージの向上という事では、財団100周
年目にあたり、財団からの地区補助金、グローバル補
助金を使ったプロジェクトを行い、イメージ向上作戦
を考えましょう。
永田年度(10項目のクラブ目標)を支持されました。

1、 会員増強
女性/40歳以下の若い会員の各クラブ純増1名以上

2、マイロータリーを通してロータリークラブセントラ
ルへアクセスを

3、 全クラブにクラブ戦略委員会の設置

4、 クラブ研修リーダーの設置
RU研究会への参加

5、ロータリー財団・年次寄付・10%
ポールハリスフェローへの参加

6、グローバル補助金・地区助成金プロジェクトへの参加

7、ポリオ撲滅運動への参加、イベントでの募金活動をしましょう

8、 会員基盤の強化、クラブ内でのロータリー研修会実施

9、 青少年奉仕事業への参加:ロータリーの常設プ
ログラムへの理解

10、 会長賞にノミネートしましょう
マイロータリー:インターネットでアクセスし登録する
ポールハリスフェロー:各会員、毎年積み立てで、実施
しています

永田ガバナーのスローガンとは
ロータリーを推奨するとは・・・
2016年規定審議会の決議により国際ロータリーは、ダ
イナミックな転換点に有ります。RIの意図を理解しま
しょう。RIは決して本来の目的から逸脱することは有
りません。五大奉仕の心理は些か(いささか)崩れるこ
とは有りません。
ロータリーを楽しむとは・・・
ロータリアンがロータリーの意図を理解し、奉仕活動
に参加し、地域社会や、国際社会の人々を笑顔にする
ことです。

必須活動
☆2017年7月と2018年1月のクラブ請求書の支払を遅
延なく行う。
☆ボランティアに費やした時間と奉仕プロジェクトへ
の支援を、ロータリークラブ・セントラルで報告する。こ
れにより、世界中でロータリーが与えた影響を測り、広
報に活用できる。

クラブのサポートと強化
様々な考え方や経験を持つ会員がいれば、クラブに新
鮮なアイディアがもたらされ、地域のニーズを幅広い
角度から理解できます。クラブが地元や世界に変化を
もたらすには、会員の積極的参加を促し(うながし)、そ
のスキルと感心を生かし、会員の声をクラブの未来に
反映させて行く事が大切です。
人道的奉仕の重点化と増加
地元や海外での奉仕プロジェクトを通じてクラブは、世
界的な人道的問題に取り組みます。これには、平和の
推進、疾病との戦い、水と衛生、母子の健康、教育の支
援、地元経済の発展、環境保護、ポリオ撲滅などが含ま
れます。
ロータリアン、若い世代、ロータリー学友、一般の人々
に、ロータリープログラムや、重点分野の活動への参
加、およびロータリー財団への寄付を呼び掛け、
地元や世界に変化をもたらしましょう。
ロータリー公共イメージと認知度の向上
公共イメージが良くなれば、クラブと地域社会との関
係も良くなり、入会への関心も高まります。
地元や世界に変化をもたらすクラブの活動について、
魅力あるストーリーを伝えることで、地域社会でクラブ
の公共イメージを抑止、ロータリーの認知度を高めま
しょう。

ロータリアンの目標
1、 マイロータリーに登録しましょう
(次年度登録50%)
2、 奉仕活動に参加しましょう
(全てのロータリーの奉仕活動への参加は出席扱い
に成ります)
3、 各種セミナーに参加しましょう
(目から鱗の知識がいっぱいです)
と、成っております。
永田ガバナー公式訪問:8月18日(金)
熊本RC,水前寺RC、平成RC(キャッスル)
第3グループIM:10月13日(金)
場所:キャッスル
地区大会:30年3月16,17日(市民会館)
新会員さんへ
熊本平成RCは、日本では、第3ゾーン、2720地区
と成っています。
日本のロータリアンは、約89,000人、当地区(大分、熊
本)は、約2,400人
ロータリーの三大義務とは
1、 例会出席
2、 ロータリー雑誌の購読
3、 会費の支払い
五大奉仕
1、 クラブ奉仕
2、 職業奉仕
3、 社会奉仕
4、 国際奉仕
5、 青少年育成奉仕
クラブ会長の役割
クラブを効果的に運営し、前年度よりも、さらにクラブ
を充実させて、次年度の会長にバトンを渡すこと。
〔効果的なクラブ〕とは (国際ロータリーの定義)
・会員基盤を維持、拡大する。
・奉仕プロジェクトを実施し、成果をもたらす。
・ロータリー財団を支援する。(資金面、プロジェクトの
参加)
・奉仕できる指導者を育成する。

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る