本日の卓話 叢丹(ソウタン)さん

%e3%82%bd%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%83%b31

みんな様こんにちは。
私は叢丹(ソウタン)と申します、2009年18歳の時夢を
持って中国から日本に留学へきました。今年7年目になりま
した。今現在熊本学園大学大学院商学研究科商学専攻修士
課程2年生です。
子供4歳から18歳まで中国で伝統的な京劇を学ばれ、毎
日朝5時から午後6時まで訓練しました、2008年中国
の藝術学校を卒業されました。京劇を続けながらその間は
外国留学と考えを持っていました。

%e3%82%bd%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%83%b32
(この写真は3年前文化交流ボランティア活動参加し
た時撮りました。)

 

%e3%82%bd%e3%82%a6%e3%82%bf%e3%83%b33
(この写真は7年前に日本へ来てから熊本の玄海竜二先生
と交流公演した時)

初めいて日本に来た時日本語全然わからなくて、1年半熊本
専門学校で日本語を勉強しました、そして熊本学園大学商
学部で4年間商学の専門知識を身につけました。4年間でま
だまだ知識など足りなくて昨年の4月から修士課程進学し、
修士課程で多くの金融の専門知識を身につけて研究を日々
精一杯努力しています。大学院では中国の銀聯カードを中
心に中国の金融制度の国際化などの専門研究に取り組みま
す。また、日本語能力レベルもっと上げるために日本語習得
に努力しています。まだ、日本で就職したいので会社に貢献
できるよう、会計資格の取得に取り組みしている、更に熊本
で日中経済文化交流の促進を続けて日中友好協会の活動
に参加して、中国で子供の頃から学できた京劇踊りを日本で
踊ることを通じて、中国の伝統文化芸術を日本の皆様に感じ
ていただきたいと思います。
学業面では私が勉強した専門知識を利用し、文献調査と
市場調査通じて中国の銀聯カードに分析して、中国銀聯カ
ードの國際化が世界に普及しており日本に対して大きな影
響がありました。その成果を学部の卒業論文が完成しました

大学院では「中国銀聯カードと中国銀行制度の国際化」のテ
ーマについて書いています。中国の銀行改革は解決すべき
課題があって、それは多数の銀行間での決済システム構築
であった。それに向けて銀行決済の運営会社として設立さ
れたのが中国銀聯でありそれによって銀聯カードが普及す
ることになった。中国国内では銀聯カードの利便性の高さか
ら、北京や上海などの大都会だけではなく、農村部まで浸透
。利用できる加盟店は中国国内だけでも990万店以上と中
国では現金以外に銀聯カードによる決済しか認めない飲食
店や小売店も多い。中国の経済力が上がるにつれ、銀聯カ
ードで海外旅行を楽しむ中国人が年々増え、現在すでにア
ジア、欧米、アフリカなどの150カ国地域が銀聯カードを導
入。今後も銀聯カードを導入する店舗は世界でさらに拡大
する傾向にある。銀聯カードは今後中国の銀行制度の改革
と銀行の国際化に大きな役割を果たすと思われる。しかし、
この銀聯カードの発展過程はまだ十分に研究されていない
。それに銀聯カードは日本ではまだ普及が低い。そこで日本
での普及問題を念頭に置きながら、銀聯カードについて中
国国内での銀聯カード普及過程の考察、国外での銀聯カー
ドの普及過程の考察、銀聯カードが中国の銀行制度が国際
化向けて果たす役割を研究していきたい。

まだ、 昨年の12月から就職活動を一生懸命準備してイ
ンターシップを参加して会社の内定を頂きました。社会貢献
活動では、「ちきゅう音楽広場inくまもと」イベントで熊本と
世界をつなぐ、音楽で国際交流の架け橋テーマで出演しま
した。また、「ひとよし花まる」学園大学開園式で中国の京劇
踊りで出演して、ひとよし広報雑誌に載りました。また、日中
友好協会熊本支部を開催した熊本桜祭りで中国民謡を歌い
ました。熊本で日中交流を参加して、中日友好の架け橋にな
りますように頑張っております。
今年国際ロータリーお陰で経済の支え精神の支え一杯で本
当に感謝します。
日本に来てから毎日きちんと目標を持って前向きでやって
きましたが日本語を勉強するだけではなく、必ず日本の知識
を身につけて、将来は日本に母国に親にも貢献したいと思
います。6年間でアルバイトしながら、勉強も楽しくできて、
日々を送っています。
今年、国際ロータリー米山記念奨学会と出会いまして、お
蔭で自分は更に心が強くなって、勉強環境も安定してきまし
た!特に4月の地震が会って、毎日怖くて、家も半壊になりまし
て、こんな状況で、心からの不安はロータリーの皆様から応
援を頂きました!私はこれから唯一(ゆいつ)できることをし
っかりして、たくさんの知識を学んで、将来はロータリーに応
援して頂いたのみんな様にも恩(オン)を返し致します!ロー
タリーの奉仕精神を世界に広がって行きたいです。ロータリ
ーとの出会いは、私の大学生活に強い影響を与えています。
最後になりましたが本日素敵な機会をいただき国際ロー
タリー平成クラブの皆様に感謝いたします。ご清聴、ありがと
うございました!

国際ロータリー2720地区
肥後大津クラブ
2016年度米山奨学生叢丹

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る