クラブ協議会

クラブ協議会

クラブ協議会2

「熊本地震義援金の有効的な活用と奉仕のあり方」

各会員より震災復旧、復興支援にあたり、どのような支援並び
奉仕を成すべきかの協議を行った。
A会員は、今回の地震で悲惨な状況を後世に伝えるため掲示
板的な物を作ってはとの意見。
B会員は、仮設住宅にお住いの方に生活用品、消耗品の支援
を行ってはどうか。
C会員は、被災地域の幼稚園に本を送りロータリー文庫を作
る。
D会員は、現在、支援活動をしてる広安愛児園に有効活用で
きないかの提案をする。
E会員は、被災した幼稚園及び福祉施設に絵を送る
F会員は、今、我がクラブの継続事業である防犯ベスト帽子を
被災地の小学校に贈呈する。
など様々な意見がでました。今現在、被災地及び被災されて
る方々の要望が日々変化するなか何をしてあげれるかは、慎
重な対応が必要とされます。そこで先ずは支援委員会を
立ち上げプロジェクトリーダープロジェクトチームを作り現地
を再度訪問して検討する。

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る