会長の時間 第1185回 9月17日

th_吉田会長1

今日は防犯ベストの贈呈式ということで、各学校の校長先生をお招きしております。

そこで、ロータリークラブについて説明したいと思います。

先生方はロータリクラブとは何かご存知でしょうか?

RCは、1905年シカゴで、青年弁護士であったポールハリスが、自分も含めた4人の実業家に呼びかけ、会合を持ったのが始まりです。この会合の目的は、お互いに信頼できる公正な取引をし、仕事上の付き合いがそのまま親友関係にまで発展するような仲間を増やしたいというものでした。こうして1905年2月23日にシカゴロータリークラブが誕生しました。このロータリーという名称は、当初、例会場を各自の事務所を輪番(ロテーション)で提供しあったことからきています。それからは、志を同じくするクラブが、各地にうまれ、国境を越え、今では200以上の国と地域に広がり、クラブ数34578、会員総数1185047人に達しています。そして、これら世界中のクラブの連合体を国際ロータリーと称しています。

ロータリーとは職業倫理を重んずる実業人、専門職業人の集まりです。その組織が世界中に拡大するにつれて、世界に目を開き、幅広い奉仕活動をするようになりました。

その一つが、ポリオ撲滅運動です。1985年2月、ロータリー80周年に当たって、RIはポリオプラス計画を発表。

「プラス」とは、子供の間に流行する、はしか、ジフテリア、破傷風、百日咳、結核の5つの病気を指します。

現在、世界でポリオ感染数は99%減少、毎年35万件あった感染は、2012年に僅か223件となった。

現在も感染が続いている国は、アフガニスタン・ナイジェリア・パキスタンの3カ国。

 

そして国内では、各地のクラブが、今回の防犯ベストの贈呈のような活動を実施しています。さらには全国のロータリクラブが協力し米山奨学会という、外国からの留学生に奨学金を出す財団を作っています。

熊本県内には、財政的に恵まれない高校生を支援するため、熊本県ロータリー奨学会を熊本市域のロータリアンの浄財で運営しております。

今回紹介した活動は、ほんの一部です。ロータリークラブはこれまでも、これからも地域のために活動していきます。

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る