会長の時間 第1439回 4月21日(水)大森 仁志 会長

大森会長

本日のご来訪者は、芦北町役場より小川様、松下様です。ようこそいらっしゃいました。後ほど卓話で、昨年7月の豪雨災害で芦北地域での被害状況のご説明いただきます。

皆さんは地区大会のYouTubeはご覧になられましたでしょうか?私もやっと全編視聴しました。大変良く出来ており地区役員の方々もご苦労されたことと思われ、見どころ満載です。特に昨年の豪雨被害に遭った球磨川流域の模様をプロのドローンカメラマンによる撮影は、無残な形に変貌した橋・道路・線路や平和な日常を氾濫により蹂躙された家屋など臨場感ある映像で悲惨さが伝わってきます。被災された住民の方々はさぞ無念でならないだろうと想いました。

災害やトラブルは自然災害ばかりではなく、昨日 私の同級生のグループラインで知ったのですが、材木店を営む同級生の倉庫・資材置き場が火災で全焼したらしく、彼女はつい数日前に、元ロータリアンである御父上を亡くされたばかりでそのご心痛は計り知れないものがあります。かける言葉が見つかりませんでした。突然に当たり前の日常を奪われる事象はどんな形で襲い掛かってくるか判りませんね。本当になにが起こるかわかりません。

なにが起こるかわからない予想外の出来事で喜ばしいこともありました。前回の例会から2週間の間に、ゴルフの4大大会のマスターズで松山プロが優勝したことです。私がゴルフを興味深く観だした1980年代、青木プロが全米オープンで2位になって以来何人もの日本人が挑戦して届かず、高い壁に阻まれており不可能なのだろう思っておりましたので、今回多くのマスコミに快挙として取り上げられまして、私を含め多くの日本人は驚き喜んだのでしょう。

近年、日本人が海外で活躍する姿をよく観ることができるようになり、感動し大いに溜飲を下げる機会が増えました。こんな驚きは何度あってもいいですね。そしてなにかと問題を抱えている東京五輪ですが、過去開催された大会で印象に残っているシーンは沢山あり列挙しきれません。開催すれば必ず感動的なシーンを必ず観ることができると思われます。実現するには多くのクリアすべきミッションがありますが、なんとか開催されてほしいと願っております。それによって、長く続いておりいまだ終息の見えないコロナ禍での閉塞感を、少しでも解消して欲しいものです。

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る