会長の時間 第1432回 12月9日(水)大森 仁志 会長

大森会長

こんにちは、今日の例会は西島幹事が欠席しております。なんでも数日前に宮崎に行かれ感染リスクがある場所を訪れたため、皆さんにご迷惑をかけてはいけないということで出席を見合わせるとのことです。

例会前の理事会で決定したことですが、コロナ禍の間の例会は月に1度の昼例会とするようになりました。それは熊本の感染状況(リスクレベルなど)は考慮しません。理由は前回申し上げた通りです。(本日配布の週報に掲載)国が緊急事態宣言を発令しないかぎり、月1の例会にすることをご了承ください。

会長の時間ですが、金子雑誌委員長がお休みなので「ロータリーの友」の読みどころを紹介いたします。横書き7ページに「世界のクラブの例会は今」という記事では苦労しながらも例会開催を工夫し維持している内容が特集してあります。(中略)縦書き22ページに熊本豪雨被災地での炊き出しの模様を熊本城東クラブさんから投稿されています。

本日、12月9日は過去にどんな出来事があったのか調べてみましたが、特段目立ったことは起こっていないようです。そのかわり12月8日に起こった大きな出来事では、79年前の1941年、日本がハワイ真珠湾攻撃をおこないました。それが日本人の未来に大きな影響を与える日になるとは、当時の官僚(軍)は想いもよらなかったのでしょう。国力が10倍以上の国に無謀にもよく向かっていったものです。勿論、そこに行きつくまでの歴史を遡り検証し想いを馳せなければならないでしょう。ただ、遠い昔のようですが、その爪痕が私の子供の頃の記憶にもかすかに残っておりますし、戦争体験者の方々も多くいらっしゃいます。コロナを除けば他国に比べぬるま湯のような平和な日本の現状では考えられませんが、過去実際に起こったことです。

10年前、東日本大震災での大津波やメルトダウン、今回のパンデミックと、79年前の日本が宣戦布告したことと同様に、まるで小説や映画のなかでのフィクションのような出来事を体験して、これから何が起きても不思議ではないということを実感した1年となりました。未曾有の天災や大事件に遭遇しないように個々人でコントロールすることは難しいことですが、今回の場合は感染対策を充分に行えばリスクを下げることは出来ますので、クリーンな状況がいつになるか分かりませんが、それまでは辛抱ですね。

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る