会長の時間 第1431回 10月7日(水)大森 仁志 会長

大森会長

11月18日 会長の時間  大森 仁志
皆様、お久しぶりです。1ヶ月ぶりの例会になりました。本
日は西島幹事が欠席のため例会に先立って開いた理事会の
決定事項からお話いたします。
①今後、ZOOM等を利用したオンライン例会の開催是非に
つきましては、会員の環境とスキルを揃えることが出来たら

②次週予定の歳祝夜間例会(関根会員・喜寿、鹿本会員・厄 ス マ イ ル 報 告 荒木委員長
払い)は、状況を考慮し延期する。昼例会も行わない。
③クリスマス家族例会も中止の方向だが、12月中旬の状況
から判断する。保留。
④空手道大会の優勝旗・横断幕寄贈について地区補助金申
請は完了。実行時期は未定。
⑤12月9日に年次総会・例会を行う。
以上です。
今、気になることはやはりコロナ関連になってしまいます。
これまで人類はどうやってパンデミックを乗り越えてきたの
か?100年前のスペイン風邪の大流行ではどうだったか、皆
様ご存じとは思いますが、おさらいします。
1918-19年当時、世界の人口は18~19億人で5億人(約
27%)が感染、死者4000万~1億人以上(致死率10~20%)
とされ、日本においては、当時の人口5500万人のうち2400万
人(43%)が感染、死者数40万人と感染率は驚異的ですが致
死率1.6%という低さは現況に似ております。11月17日現在
の新型コロナでは世界人口78億人のうち感染者5500万人、
死者数132万人、日本においては感染者12万人、死者数192
0人と発表されており、これからも拡大するでしょうけど、スペ
イン風邪(流行性感冒ともよばれていた)の被害が尋常では
ないことを物語っています。当時の技術では原因は不明とさ
れていましたが、鳥インフルエンザが変異したものと究明さ
れております。また、当時の予防法はうがい・手洗い・マスク
をして、感染者のそばには近づかないなど、現在とあまり変
わっていません。死因も肺炎とサイトカインストーム(免疫暴
走)と同様です。治療法も確立していなかったのに終息した
のは「集団感染」による「集団免疫獲得」だとされています。そ
れは今回の新型コロナウィルスには通用しないとされており
、スウェーデンなど数か国がそれで対応しようとしましたが感
染拡大が収まらず変更しています。やはり、ワクチンと治療薬
の完成を待つことになるでしょう。
例会開催の基準について、現在、自治体が感染レベルを決
めて発表していますが、私はそれが行動変容には関係ない
と思っております。レベルが低いから夜の活動(飲食)でも行
こうかと、気を許した2週間前の行動が今の感染増加の原因
であるから、低いから安全ということにはなりません。ですか
ら感染レベルを例会開催の目安にしようとは考えていません
。対策のとれた昼の通常例会なら大丈夫だと思いますが、会
長としての責任において機会を減らしてリスクを減らすコロ
ナ禍での運営方針にしております。ロータリーでの活動が原
因で皆様が感染したとあっては悔やんでも悔やみきれませ
ん。ご理解ください。
悩ましい疫病ですが、3密を避け、細目に手洗いをしてい
ればそうそう感染しないものだと思います。なにはともあれ、
皆様と無事にコロナ禍を乗り切ることを願っております。

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る