会長の時間 第1425回 7月22日(水)大森 仁志 会長

大森会長

大都市部での感染拡大が続いているなか、Go-Toトラベルキャンペーンが始まりました。経済を活性化させるためとはいえ、今のタイミングでは首を傾げてしまいます。熊本県内でも暫く感染者ゼロでクリーンな状況でしたが、県外に出た方や東京から里帰りの方が持ち帰っての感染発症が発表されております。大規模なクラスターにはなっていませんが、今後の動向には、大いに注視が必要でしょう。アメリカでは連日7万から8万人が感染しているそうで、日本とは二桁ちがいます。ヨーロッパ諸国も含め、国民性の違いといえばそれまでですが、収束どころか感染拡大の真っ最中にリゾート地で、3密などおかまいなしに大騒ぎをしている映像など観ると、遠い国のことながら呆れてしまいます。

今日のネットニュースで興味深かったのは、安全な資産である金の価格が1グラム7000円台を付けたと報じられました。金の価格は5年前で4000円台、10年前で3000円台、20年前では1000円台でした。1980年頃に4000~6000円になったこともありましたが、大きな理由は中東紛争があり、世界経済的には有事の影響から、資産家(特にイスラエル)が安全な金を求めたからだとおもいます。そこから考えると株式市況は小康状態を保っていますが、コロナや米中関係などの要因で金が高騰しているのでしょう。私にはさほど関係ありませんが、皆さんは気になるところではないでしょうか。

現在、新型コロナウィルスは明らかに拡大傾向にあり、今後の動向を注視しロータリーの活動や例会開催にリスク有りと判断しましたら、再度中止にすることもありえます。その場合の善後策として、会員のリモート環境が整ったらZoomなどを使った例会にしたいと考えております。また、それが杞憂に終わることを願っております。

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る