会長の時間 第1417回 2月5日(水) 谷山正典 会長

2019-2020谷山正典会長

今日はお隣の国、北朝鮮の話です。
お隣とは言っても遠い国のようなものですが、この北朝鮮で今大変
なことが起こっているということです。
「北朝鮮のタワマン全て崩壊」という記事がありました。
金正恩氏が最も力を入れてきた事業であるタワーマンションです。
特に北朝鮮の首都・平壌の大城(テソン)区域に位置する「黎明通り」
のタワーマンション群は、同国最大のランドマークと言える。高さの
面で言えば、日本のどのタワマンをもしのいでいるの
だ。これをわずか1年で完成させたというから、並大抵のものではな
いようだ。
それが今大変なことになっているという。
韓国のリバティ・コリア・ポスト(LKP)は1年ほど前、黎明通りのタワ
マンで柱の膨張や地盤沈下が起きていると伝えた。コンクリートの
乾燥を早める混合剤に問題があったもようだという。

韓国のリバティ・コリア・ポスト(LKP)は1年ほど前、黎明通りのタワ
マンで柱の膨張や地盤沈下が起きていると伝えた。コンクリートの
乾燥を早める混合剤に問題があったもようだという。
柱と基礎の重大な欠陥が同時に見つかるとは、まさに倒壊につなが
りかねない危機と言って差し支えないだろう。また、黎明通りに次ぐ
規模のタワマン群がある「未来科学者
通り」の建設に動員された元朝鮮人民軍兵士は以前、デイリーNKジ
ャパンの取材に次のように答えた。
「未来科学者通りは金正恩が自ら旗を振った事業でもあり、当初は
安全管理についても関係当局から厳しく指導されていました。しか
し、現場に供給されているはずの資材が足りないといったことが、次
第に増えました。しかも、どんどん工期が迫ってくる。セントと砂の混
合比率や鉄筋の使用量が、上層階に行くほどいい加減になっていき
ました。北朝鮮で地震はほとんど起きませんが、いずれ何かの拍子
に、建物がぜんぶ崩壊してしまうのではないでしょうか」
実際、平壌では2014年、完成したばかりのマンションが崩壊して500
人が犠牲になる大惨事があった。北朝鮮当局は従来、こうした事故
を徹底して隠ぺいするが、このときは犠牲者の多くが朝鮮労働党中
央委員会の職員家族だったこともあって、やむをえず公表している。
黎明通り建設の実態もまた、これと似たようなものではないか。金正
恩氏自慢のタワマンで大規模な事故が起きれば、その建設指揮官
が無慈悲な処罰を受けるであろうことは想像に難くない。

 

 

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る