会長の時間 第1368回 10月3日(水)

武田会長

 10月に入り、新年度がスタートして3ヶ月目に突入しました。ついこの前まで猛暑が続いていましたが、嘘のように涼しくなりました。しかし、週末になると台風が迫って来て、その度に魚釣りが中止になり閉口しています。先週は、週末の釣りを金曜日に前倒しして牛深、深海の遊漁船でカンパチ、ぶり釣に行って参りました。木曜の夜中に出発して、朝5時出航、昼過ぎまで釣って帰り着くのは4時頃です。それから道具を片付けたり魚を捌いたりすればすぐ7時位になってしまいます。
結構魚釣りもハードです。生きアジの泳がせ釣りで参加者は4人、深海沖での「朝まづめ」のカンパチ狙いは夜明けから一時間くらいが勝負です。結局超過ゼロ、船でも1匹だけでした。先週は一人で7匹上げた人もいたようですが、あまり食いが良くなかったようです。
その後牛深沖の外海に移動してのぶり釣りで2匹の釣果でした。船長からカンパチを一匹お土産で貰い、社員と釣仲間に配って終りでした。大漁なら皆さんにもおすそ分けをと思いましたが・・・・。

それからインドネシアで地震があり、津波による犠牲者が多数出たようです。心より哀悼の意を表したいと思います。思えば熊本地震も酷かったですが、内陸部であった為に津波被害が無かったことは不幸中の幸いだったと思います。津波と言えば2011年の東日本大震災の事を思い出し、社員旅行で被災地を視察に行った時の写真をコピーして参りました。4階まで津波が襲った陸前高田のユースホステルの跡、南三陸町の防災庁舎跡、仙台市閖上地区、悲惨な写真です。
ついでに熊本地震の阿蘇市内牧の刈尾地区の地割れの写真も添えておきました。前年の2010年には仙台で姉妹クラブ例会を開催した翌年でしたので特に記憶に残っています。

最後にロータリー豆知識をご紹介いたします。5名の新会員の方をお迎えしましたので、折に触れて、ロータリーの基本的な事を少しずつ紹介して参りたいと思います。出席はロータリアンの義務です。出席してこそ、ロータリーの魅力に触れることが出来ます。ロータリアンは自己研鑽と職業道徳を高め、奉仕という共通の目的を目指して色々な活動を行います。そのロータリアンを結びつける絆は親睦と友愛の心です。そして例会は人生の修練道場と言われ、例会に出席することによって自らを磨いていく場となります。ロータリー三大義務は「会費を払う」、「ロータリーの友を読む」、「出席をする」です。
どうか新会員の皆さんは、100%の例会出席を目指して頑張って頂ければと思います。

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る