会長の時間 第1362回 8月1日(水)

武田会長

本日は熊本西南ロータリークラブ、濱田会長、水野幹事ようこそお越しいただきました。3クラブ訪問も当クラブで最終と聞いております。ご苦労様でした。

さて、日経新聞に載っていた話題ですが、個人金融資産が地方から都市に流れている。都市に人口が集中している事と、地方の高齢者からの相続で都市部の現役世代に引き継がれるケースが増えているらしい。2030年までに人口が増え続けるのは東京と沖縄だけ、これにほぼ比例して東京都、埼玉、千葉、神奈川、愛知、滋賀、奈良の6県個人金融資産が約10%近く増えるのに対し、福岡以外の九州の各県は10~20%減少する見込みとの事です。実際、我が社にも都会在住の方から不動産の売却依頼が年間数件あります。

これは私たちの経済活動にも影響を及ぼすのでしょうが、地方銀行の経営にとっては大きな問題であるとの事。日銀のマイナス金利政策でただでさえ収益が減っているのに追い討ちをかけている。18年3月期には地銀の6割が減益との事。実際、銀行が紹介した不動産情報で成約した場合、仲介手数料の20%をバックするシステムが稼動しています。銀行経営も変わったものです。

本田PG 明訓集第2話です。

難儀と苦労

難儀と苦労は別物です。苦労というのは心の持ちようで感じるものです。ものが無い、お金が無いのが苦労と思われておりますが、これは「難儀」です。難儀するのは自分の働きが足りないからです。常に夢や希望を持っていたら「苦労」とは感じないはずです。明確な目標や希望をもって生きて行きましょう。
難儀を辞書で調べれば、「苦しみ悩む事、面倒な事、迷惑な事」
苦労は「物事がうまくいくように、精神的・肉体的に励むこと。逆境にあって、つらいめにあいながら努力すること」とありました。          以上

ところで、今週末の石橋直前会長・谷山直前幹事の慰労会は、桜島錦江湾横断遠泳出場の為に申し訳ありませんが参加できません。熊本から3チーム18名で参加致します。盛会お祈り致します。

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る