会長の時間 第1281回 10月19日(水)

masuda.jpg

最近は会長の時間で喋るネタがなくなってきましたので、イ
ンターネットでロータリーに関する事で色々探しましたところ
職業奉仕のお話しと言うのがありましたのでダウンロードし
てプリントアウトしてまいりましたので、その中の「毎週の例
会で心を磨く」を読ませて頂きます。
(ロータリー運動は、倫理運動です。ロータリークラブは慈善
団体でも寄付団体でもボランティア団体でもありません。ロ
ータリアンに奉仕の心を授け、倫理を提唱していく団体、即ち
、ロータリアンの心の開発を第一義とする団体でありますロ
ータリーが倫理運動であるということが、一体どこにかいて
あるのかと言いますと「ロータリーの綱領」を読むとロータリ
ーがまさに倫理運動であることが一目瞭然にわかるだろうと
思います。

「ロータリーのロータリーたる所以は職業奉仕の実践にあり
」と言われます。
自分のためである職業が、人のためのものである奉仕のテ
ーマになりうるのでしょうか。
職業を営む即ち、金を儲ける事、何故、同時に世のため人の
為の奉仕となるのか。
職業を奉仕と考えるためには、一体如何なる考え方が必要
なのか。この一点がわからないと、ロータリーの職業奉仕は
永久に判らないことになります。
一生懸命に自分の仕事をすることが職業奉仕である、と言う
考え方があります。しかし一生懸命に自分の仕事をすること
は、ロータリアン以外の人たちもしています
・・・・・・・・・中略・・・・・・

ロータリーは毎週例会に出てこいと言うのであります。これ
が寄付団体であれば毎週例会を開く必要はありません。ロ
ータリーはクリスチャンが毎週一回教会に行って心を磨くよ
うに、必ず週一回の例会に出てこいというのです。時々「私は
仕事が忙しいので例会に出席できません。」と言う人がいま
すが、本末転倒の議論だと言わなければなりません。職業奉
仕を実践するためには、先ず毎週の例会に出席しなければ
ならないのです。)
私は今まで、ロータリーは出席については、ちょっと厳しすぎ
るとおもっておりましたが、これを読んで出席義務と職業奉
仕は繋がっていることがよくわかりました。
会長になってからこうゆうことが判るようでは、ちょっと遅す
ぎますが、これからも勉強してまいりたいと思います。
以上です。

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る