会長の時間 第1256・1257回 4月6日(水)

miyamotokaicyo

今回は月初の例会ですのでガバナー月信をご紹介します。
今回のガバナーの人生観は「自分の人生、自分の想ったよ
うになる」です。
このことは、あなたが変われば、あなたの周りの人が変わるからであり
ます。
あなたの周りの人は変わりませんので、あなたが変わることが最初です。
あなた自身の意識が高まり、あなた自身の成長を
通して、周りの人の中にあなたを信頼する人が一人
でも多くなるからであります。
私の経験でも、ものごとの本質は、自分自身が想っ
たようになると思います。
私たちを取り巻く環境は、家庭生活、職場生活、社
会生活において、常に変化していますので、その変
化への対応するための課題はもう常に山積をして
おります。
また、その課題はその生活分野において活動すれ
ばするほど、たくさん出てくるものです。
しかし、その本質は想ったようになってくるものです。

私は、熊本南ロータリークラブに入会して33年に
なりますが、30代、40代を振り返ってみて、当時の
先輩会員からの「自分が変わる」教えに大変感謝し
ていることを2点お話ししたいと思います。
熊本南ロータリークラブでは、先輩会員から「頼
まれごとは断るな」ということをよく言われておりま
した。

ある時、クラブの周年行事の際に、「懇親会で司会
をしなさい。」と言われ、渋々受けたことがありまし
た。自分に自信があることや経験したことであれば
受けることにあまり抵抗はないのですが、苦手なこ
とややったことが無いことは誰しも受けたくないと
思うのは当然であります。

しかし、積極的に我慢して引き受けることで新たな自分を発見することができ
自分自身の成長にも繋がってくるものです。

また、熊本南ロータリークラブの先輩は「何かを依頼

するときは忙しい人に頼め」と、よく言われていました。
忙しい人は、大きな負担がかかっても処理していくが
そうでない人は新たな負担がかかると処理できなくな
るということのようでした。
今以上に負担が大きくなればどうすればよいかと知恵
が出て、前段取りが良くなったり、同程度の事象をこれ
までより短い時間で決断したり行動したりすることで
結果的に自分自身の能力向上につながっていくもの
です。そのことが、自分が変わることにつながってくる
と思います。

その当時はいやいやながら対応したこともたくさんあ
りましたが、今になって大変な勉強をさせて頂いたも
のだと感謝に堪えません。
そのように、熊本南ロータリークラブの先輩会員から
教わったことが私の人生の基盤を創ってもらったよう
にも感じております。
このことは今年度ガバナー公式訪問にて、最後に各
ロータリークラブの皆さんへ私からのお願いとして「ロ
ータリアンの意識を高めるには各クラブ内においてロ
ータリーの哲学や精神をよく理解している入会歴の古
い年配会員から入会歴の新しい若手会員に対してこ
れまでにロータリー活動を通して得てこられたものや
ご自身の人生哲学や人生観を若手会員に是非お伝え
頂きたい」を述べさせていただいたところです。
また、このことはクラブ内の世代間の繋がりを密にす
ることになり、そしてクラブの将来発展につながってい
くものと確信しております。
ロータリーの発展や各クラブの長期的発展は「人で
つないでいく」ものだと考えます。
先輩会員の皆さん、どうぞ宜しくお願い申し上げま
す。

 

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る