ロータリーの友の読みどころ 2018年 3月号

20180307 渡辺雑誌委員長

ロータリーの友の読みどころ

2018年 3月号

3月は「水と衛生」月間です。

まずは横構

*ロータリーアクトの50周年を祝いましょう(P3)

ロータリーは何年もの間、青少年と若い社会人のプログラムを、価値が高く実りの多いプログラムとしてではなく、

単にロータリー入会へと繋がる前段階として捉え、ロータリーアクトの価値を見誤っていました。

* 波紋が広がるように(P8~9)

ラオス・ビエンチャンからの手紙で行政・市民・ロータリーとの共同事業。

*VISION QUEST(P31~37)

バリー・ラシン(RI)会長エレクトの話。来季のテーマを「インスピレーションになろう」としている。「ロータリーのビジョンの声明」の実現。

ローターアクトについての思いは、奇しくもライズリーRI会長と同じです。『四つのテスト』は絶対なくしたくない。

この機会にインスピレーションについて考えて見たら・・・。

 

ここから縦構

*今から始める、長生きのための食生活の秘訣(P4~8)

笠井奈津子さん

あふれる健康情報に流されないために。心の栄養もお忘れなく。

ロータリーアットワーク(P27)

姫路南RCの交流。

*卓話の泉(P21)

桃の節句について。お雛様を飾りつけるときにうんちく言えますね。

 

今月の詩

小さくも 柚子一片の 香りかな

神奈川県・茅ヶ崎 清水賢一さんです。

いらぬこと 言うなという いらぬこと

雑誌担当 渡辺良晴でした

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る