クラブの歩み

熊本平成ロータリークラブの歩み

平成元年9月30日、熊本ロータリークラブをスポンサークラブとし、御船・甲佐地区を中心としたクラブとして誕生しました。当クラブの名前の由来は平成元年に設立致しましたので、「平成」という名をクラブ名に名づけました。現在では、拠点を、御船・甲佐地区から熊本市に移し、熊本全日空ホテル ニュースカイで毎週水曜日12時30日より例会を行っております。また当クラブがスポンサーをし平成13年6月29日に熊本水前寺公園ロータリクラブが誕生しました。

熊本平成ロータリークラブが、特に力を入れて行っている奉仕活動

①ラオス留学生支援

raos 平成14年から当クラブは,熊本ラオス友好協会を中心とし、一緒にラオス学生支援を行っております。ラオスは北に中国、西にミャンマー、東にベトナム、南にカンボジア・タイに面しており東南アジアの国です、国際連合でも「後発開発途上国」と認定され、まだまだとても貧しい国です。当クラブが支援を始めるきっかけになったのは、「ビエンチャン高校」という高校が都心部にありますが、田舎の子供たちをこのビエンチャン高校に集め寮を建築し・文具・食費・交通費などの支援に熊本ラオス友好協会と一丸となり支援を行ってまいりました。またロータリーの奨学金を利用してもらい、熊本へ留学生を招き熊本の大学へ通う留学生も支援しております.

②小学校へ防犯ベスト・タスキ贈呈

tasuki 近年、子供達を取り巻く環境が、全国的にも著しく悪化の傾向により熊本でも子供たちが犠牲になる事件が多数報告されています。そんな中、子供たちが安心して学校に通学出来るような環境づくりを学校と地域の関係団体と連携をしながら、防犯に取り組んで頂けるように、熊本への社会奉仕の継続事業として防犯ベストを各学校へと贈呈しようという事になりました。熊本平成ロータリークラブでは、防犯ベスト贈呈を2005年より毎年行っておりすでに26校の小学校と尾ノ上地区のオバパト隊様で活用されています。このベストは平成ロータリーの会員の寄付により製作されており、防犯啓発へ役立っています。今までの贈呈内容は下記に記載致します。

  • 1回目(2005) 田迎小学校・出水小学校・出水南小学校・砂取小学校 (各50枚 計200枚)
  • 2回目(2006) 桜木小学校・桜木東小学校・画図小学校・城北小学校 (各50枚 計200枚)
  • 3回目(2007) 尾ノ上地区 オバパト隊 (防犯ベスト50枚)
  • 4回目(2008) 日吉小学校・帯山小学校・春日小学校・益城広安西小学校 (各50枚 計200枚)
  • 5回目(2009) 長嶺小学校・白山小学校・春竹小学校・出水中学校 (各50枚 計200枚)
  • 6回目(2010) 田迎南小学校・御幸小学校・城西小学校・御船小学校  (防犯ベスト各50枚)
  • 7回目(2011)    田迎小学校・向山小学校・川上小学校  (防犯ベスト60着・帽子60個)
  • 8回目(2012) 出水南小学校・託麻南小学校・松尾小学校  (防犯ベスト60着・帽子60個)
  • 9回目(2013) 砂取小学校・帯山小学校・龍田小学校  (防犯ベスト60着・帽子60個)

 

③丸山ハイランドへの支援(知的障害者自立支援施設)

平成ロータリーでは、熊本県上益城郡山都町にあるNPO法人 丸山ハイランドへ支援を行っています。丸山ハイランドは、知的障害者の方々を自立を目的とした施設ですが平成ロータリーでは、2006年に丸山ハイランドへブルーベリーの苗100本を贈呈しました。今ではブルーベリーの苗は大きくなり毎年おいしい実をつけています。また年に2回ほど会員の家族などにも協力してもらい、ブルーベリーの木の下に生える草などの伐採も協力し行っております。

 

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る