会長の時間 第1390回 5月22日(水)

武田会長

先週の土曜日、八代東ロータリークラブの30周年に4名で参加して参りました。八代地区のクラブは、皆真面目に色んな奉仕に取り組んでいるという印象をもっています。記念講演は柔道家の古賀稔彦さんを招き、「夢、目標にチャレンジ ~挑戦する事の大切さ」という演題で講演されました。冒頭に、92年のバルセロナ五輪でのけがをおしての金メダル獲得時のビデオが流れましたが、誰もが知る感動のシーンです。引退後は町道場「古賀塾」を開設し、多くの子供たちの指導者にあたっているとの事です。講演では、自分の夢を大きく持ち、目標を達成するために、人の2~3倍の努力が必要、2~3倍努力すればチャンスも増える。そして、自分の長所と欠点を知り、欠点を克服する、最後は何としても目標を達成するというメンタル面が大きく左右するという事でした。また、柔道の父、日本体育の父である加納治五郎先生の「精力善用、自他共栄」という言葉を引用し、柔道を通じての人格形成、社会の平和を提唱されました。歯切れも良く、礼儀正しいスポーツマンでありながらウイットに富んだ話しぶりは、なかなか聞き応えがありました。今期は、いろんなクラブの周年行事に参加しましたが、各クラブとも相当な力を注いで企画していますから、登録料以上の見どころがあると感じました。皆さん方も、是非とも積極的に参加して頂きたいと思います。

 

それから、以前も一度触れた話題ですが、九州を訪れたインバウンドの内、熊本空港から入国したのはわずか2.2%にすぎないという記事が、熊日の夕刊に載っていました。1位は福岡空港(63.9%)、2位長崎県対馬市の比田勝港(5.7%)、3位博多港(4.1%)、4位鹿児島空港(3.5%)、5位成田空港(3.4%)、6位北九州空港(2.5%)、7位佐賀空港(2.5%)、そして7位が熊本空港です。なんと佐賀空港より低いのです。さらに熊本を訪れたインバウンドの入国先は、福岡空港(73.9%)、2位博多港、3位成田空港、4位鹿児島空港と佐賀空港、熊本空港は5位です。またしても佐賀より下です。鹿児島は43.8%が鹿児島空港より入国しているとの事。熊本空港はまだまだ人気度、便利さという意味で劣っているのだと思います。仕事柄、今後の熊本の経済動向には大いに興味がありますので、このような記事はよく目に留まります。人口減少、経済縮小基調の未来に向けて、インバウンドの取り込みは益々重要度を増していると思います。民営化も控え、官民挙げて、県内一つになって取り組む必要があると思います。ちなみに、ある調査による熊本に宿泊する外国人の国別の比較では、韓国43%、台湾22%、香港10%、中国8%で東アジアが8割を占めているとの事です。別の調査でも、韓国と台湾で6割近くを占めているようです。圧倒的に中国が多そうですが、案外そうでもないようです。韓国とは政治レベルにおいて微妙な状況にありますが、民間レベルでは交流も盛んで、お得意さんのようです。

 

今年度は7名の新会員さんにご入会頂きましたが、これまで新会員さん向けの研修がまずかったという指摘を受け、会長経験者の会員にマンツーマンでフォローして頂くように致しました。

クラブ定款・細則の件ですが、創立以来1回も改めておりません。今回ワード化致しましたので、次年度スタートの頃には、RI規定審議会で新たに変更になった点も含めて、新しいものに作り変えたいと思います。

まだ、お話ししたい事もありますが、この後、30周年のリハーサルとなっていますので、この辺で終わります。

 

関連記事

熊本平成ロータリークラブ

■例会場/例会日
熊本全日空ホテルニュースカイ
毎週水曜12時30分~13時30分
■2013年度
会長/那須浩一 幹事/増田博文

ページ上部へ戻る